スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

【いちご感想】第40話 思い出の女

■連載当時の感想
 え、つかさタンはこの子とチェンジなん?
 まじでかー・・・・・・・・・・・

■今振り返ると
 これまで登場した女の子で初めて、恋愛対象とは違う役割を担うこととなる唯ですが、
 既にサポートキャラにできそうに描写していますね。
 いちごパンツをはいていなかったり、桜海というキーワードを発したり。
 とりあえずつかさタン派としては、唯が桜海に行けるくらい賢くて本当に良かった・・・

■最萌コマ
 本当は「サヨナラ」のつかさタンのコマなんですが
 それだと前回といっしょになってしまうので、
 犬を見てガタガタしている唯。ちっこくてかわいい。

■扉絵
 ぶち抜きでパンツ一丁で寝ている唯。
 唯=可愛らしいイメージですが、この寝顔の唯は美しいですね。


①東城やさつきがいなくたってきっとこうなる運命
前回の別れから、2時間。
真中はまだ心が落ち着かず外をぶらぶら。
真中は「東城やさつきがいなくたってきっとこうなる運命だった」と言っていますが、
2人がいなかったと仮定すると、

◆つかさタンは桜海を受験することもなく、泉坂へ進学
◆東城・さつきが泉坂に存在しないので、小宮山よりは成績が良い真中は恐らく普通に合格。
 (さらに言えば、そもそもいちごパンツの美少女効果によるgdgdがない。)
◆つかさタンは待つ女にならず、いっしょに泉坂で映画を作ってワクワクしちゃったりして

・・・あれ?もしかしたら上手くいくんじゃね?

まぁとりあえず、
「ダメだ涙が止まったから家に帰ってきたのに」とか、
「泣きながら寝よ」ってところは珍しく真中に共感できるところです。甘酸っぱい。

②リボンのついたパンツ
泣きながら寝ようとした真中のベッドの上には、
幼馴染の唯様がパンツ一丁で横たわっていました。
唯のことを説明する台詞があまりにも説明説明している台詞なので面白いですね。

とりあえず読み返している今だからこそ、この一連のシーンでのポイントは、
唯のご都合主義な寝ている最中に服を脱ぐ癖ではなく、幼馴染属性でもなく、
こんなに早くパンツ描写が出てきたのに、いちごパンツをはいていないということじゃないかと。

I''sでいつきちゃんがいつの間にか退場して泉ちゃんが出てきたみたいに、
つかさタンがアウトで唯がまた恋愛対象になっちゃうのかと、連載当時は思ったのですが
今見てると最初から恋愛対象にするつもりだったらここでいちごパンツをはかせていたじゃないかと。
勿論(?)恋愛対象にすることも視野にいれてはいそうですけど。

③接点構築へ
外出して犬に追いかけられるシーンのところは
幼馴染の変わらないところと変わったところを結構しっかりと描写していて
今読めばなんだかんだ面白いは面白いのですが、
当時は何フラグたてていやがるんだこの短期間に・・・とため息ものでした。
「サヨナラ」の直後じゃね、ナイーブだったんですよ。

でも実際にここで立ったフラグは唯フラグではなく
つかさタンとの再会フラグだったんですよね。
桜海に受験したいという唯。
もう今から言っておく、GJ。


当時は余裕がなかったので何も思いませんでしたが、
今読み返すと、真中がすっごくつかさタンのことを引きずっている描写が
共感というかなんというか、ツボです。わかるわかるーみたいな。
前回はただのクズだったのに、真中。
スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ろじゃも

Author:ろじゃも
いちご100%については西野つかさ至上主義者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。